トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

ソフトバンク犬

ソフトバンクのCMって面白いですよね。
白い犬がお父さん役を演じているアレです。

あの犬の名前は、カイくん(4歳)。
主演のDVD「カイくん日和」が発売された頃は、予約が殺到したそうです。
やっぱりあの犬はカワイイですもんね。

DVDの初回限定版にはランチボックスセットが付いています。
現在は増産をしているので、少しは手に入れやすくなるかも。
私も早く見てみたいです。

しかも、このカイくんは、2007年度のCMタレント調査でキャラクター部門で第1位を獲得しています。
タレントさんよりも人気があるんですね。

でも、カイくんは水が怖くて泳げないそうです。
犬なのに犬かきもできないなんて…。
カワイイ奴です。

2011年2月15日 (火)

迷子のペット

迷子のペットを探すために、無線や電波を使ったシステムが総務省から解禁されることになりました。
ペットの首輪などに小型の無線発信機をつければ、電波探知機で居場所を探すことができるそうです。
今までは動物に発信機をつける場合、電波法で免許を取得する必要がありましたが、今後は免許がなくても大丈夫になります。

これで、ペットが迷子になっても困る飼い主が少なくなりそうですね。
量販されるので、価格も安めになると思うし。
発売されたら早速試してみようと思います。

2011年2月 8日 (火)

ワクチンアレルギー

犬がワクチンアレルギーになると、顔が腫れたり、呼吸不全になったり、最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。

混合ワクチンの中には、半年で効果がなくなるものもあるし、最長2年間も効果が持続するものがあります。
それを知らずに毎年ワクチンを打ってしまうと、犬がアレルギーを起こしてしまうのです。
病院などでワクチンを接種する時は、あらかじめワクチンの種類と期限を調べたり、獣医さんにきちんと聞いて確認するようにしましょう。

また、狂犬病ワクチンは法律で義務付けられていますが、外来犬と関わりが無いのであれば必要ではない、という意見もあるそうです。
これは、狂犬病ワクチンの毒性の高さをあらわしていますね。

2011年2月 5日 (土)

犬の熱中症

アニコム損害保険株式会社は、「どうぶつ健保」の給付金請求データの集計結果を発表しました。
それによると犬の熱中症による請求件数は8月が最も多いそうです。

全国のモニターに対して行ったアンケートでは、7割以上の飼い主がエアコンを使用して快適な室温と湿度になるようにしたり、愛犬専用のクールマットを利用しているそうです。
他にも「散歩の時は濡らした洋服を着せる」「保冷剤をバンダナに入れて首に巻いてあげる」「氷を入れたペットボトルを犬の居住スペースに置く」など環境に配慮した暑さ対策を行っている飼い主もいました。

犬は汗腺が少ないので体温調節が難しく、長時間閉め切った室内や車中など高温の場所では、人間の何倍も熱中症にかかりやすくなります。
また、熱中症は飼い主の不注意で起こることがほとんどで、短時間で死に至ったり、障害を残してしまうこともあるのでとても危険。
熱中症を予防するためにも暑さ対策は不可欠です。

トップページ | 2011年3月 »